どーでもいい男。だと思わせる。

彼氏持ちの彼女って、より魅力的に感じますよね。

略奪って言葉はよろしくないような気がしますが、
好きになってしまったのなら、行動するのは自由だと思います。

決めるのは当事者本人ですもんね。

そう。まず、彼女自身に別れるという選択
させなければ前には進めないのです。

そこで、よくありがちなのが、
今の彼氏を嫌いにさせようと
「俺なら、そんなことはしないな~」と何度も言ってしまうこと。

よく聞くセリフだと思いませんか。
でも、そんな事を言っても、何にも意味が無いんです。

なぜでしょう?

女は、自分が持っているものを否定されればされるほど、
それを擁護(ようご)したくなる生き物なのです。

かばいたくなる。
女性特有の母性ですかね。

今の彼氏は、当然彼女のテリトリー内の人物です。
身内の悪口を言われて、いい気分にはならないでしょう。

結果。
グチを聞いていたはずの貴方が悪者になっていくのです。

嫌い!は、一時的な感情であって、感情が冷めると、

「ちょっと自分も言い過ぎたかな」

「あの人にはこんな良いトコロもあるしな」

と、罪悪感が出てきてそれと一緒に、
男をかばう気持ちが出てくる。

略奪をしたいはずなのに、今の彼氏にも
やっぱりいい所があるって再確認させてどうすんだ?
って、話しになっちゃいます。

ので、略奪を狙うなら、彼女にはこう思わせないといけません!

「この男でもいいけど、この男じゃなくてもいい。」

自分の今の人生が、いいものではない。
そして、それは彼氏のせいではなく、自分のせいなんだ。

自分が自分で動きださなきゃ、と思わせ、
「今の男と付き合っていてもいい方向にはいけない」
と思わせればいいのです。

今の彼氏を嫌いにさせるのではなく、
「どーでもいい存在」にさせる必要がある。

彼でなくてもいい。
彼でも良いけど、彼でなくてもいい。

こう思わせられたら、
彼女の中で自然と選択肢が出来てきます。

彼以外の人を探した方がいいのかも?と
自発的に動きだす時がくるはずでしょう。

そして、その時に隣にいて刺激を与えているのが
貴方でありますように。

by  right014

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ