ボディタッチは肩から

それまで気にもとめていなかったのが、
ふと触れられただけで急に意識するようになってしまったり…
誰かと熱を分け合う、接触する、というのは、
成長するにしたがって少なくなるものです。
特に男性にとっては非日常ですよね。
一気に意識するきっかけになります。

女性から男性へタッチする、のは以外とハードルが低いですが、
男性から女性へタッチする、のは、なかなか難しいものです。
いきなり手や足に触れたりしたら、あっという間にNG。
背中をぽんとしながら、
「ねえねえ、ちょっと聞きたいんだけど…」
みたいな感じで。
肩にそっと触れて、
「はい、これどうぞ」
とものを渡したり。
この程度なら、そう嫌がられることもありません。
もちろん、しつこいのはだめですよ。

嫌がられたら、冗談のフリをして逃げちゃいましょう。
思い出したように繰り返すと、
まあ、これぐらいならいいか、と
思ってしまうものです。

関係性がぐっと進むのは、「手」へのタッチ。
特にデートなどの場合、女性が、男性からの
ボディタッチが一切ないときは、
「ああ、このひとは自分に興味がないんだな」と
冷めてしまう原因になります。
段差や狭い道を通るときに軽く手を握ったり、
車がそばを通ったり信号を渡るときに手を引いてあげたり、
自然な感じできっかけを見つけるのがいいですね。
冬は「今日は寒いね。手、冷たくなってる」、
これ、ちょっとベタですが、
「手相を見てあげるよ」
というのも、使える手なんですよね…

手をクリアしたら、徐々に体の芯に近づけてゆけます。
腰に手を回したり、後ろから抱きしめられる日も近いですね。
そして、女性はけっこう
あたまをぽん、とされるのが好きです。
がんばってるね、って認めてもらえたような気分になるんです。
たまには甘えたいな、という願望を、
充足させてくれたりします。

@uta_ko

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ