街コンの歩き方 第九回 ~前を向いて焼こう~

☆★街コンの歩き方 バックナンバー☆★
第一回:街コンってどんな感じ?
第二回:内気なお一人様に大規模街コンは分が悪い!?
第三回:お嬢様はグルメに夢中?
第四回:ボケとツッコミ
第五回:上下関係
第六回:選び放題!?
第七回:新たな出会い
第八回:密室
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

過去二回にわたり1人で参加した私。
その場その場で仲間を作り
楽しく過ごせる術を見につけました。

今回は久しぶりにイケメンの相方と一緒に,
もんじゃ焼きを作ります!

街コンの歩き方 第九回 ~前を向いて焼こう~

今回参加することになった街コンの会場は
都内では「もんじゃ焼きの町」として知られるツキシマ。
参加店舗数が多いものの,1軒の席数が少ないため
人数は200人もいない小規模の街コンでした。

以前私が今回の相方と参加した街コンに
「グルメコン」というのがありましたが,
同じ「食」がテーマといえど
今回はちょっとタイプが違います。
グルメコンはおいしい料理を
オシャレなカフェやレストランで楽しむもの。
そしてグルメコンと今回の街コンとの違う点は
「自分で作る」ということ。
もんじゃ焼きを卓を囲んだメンバーで作り,食べる。
そういった作業を通した「出会い」を目的としたものです。

意気揚々と申し込んだ私たちでしたが…
実は私はもんじゃ焼きを作ったことがありませんでした!!
あなたは初めてのことを不安に感じたりしませんか?
私は非常に感じます。

そもそももんじゃ焼きを作って食べるのがメインなのに,
作ったことがないとどうなるんだろう…
私は元々料理は得意じゃないし。
でももんじゃ焼きって言ったら,
男が豪快に焼いて振舞いてるイメージ。
それができなければ女性に相手にしてもらえないし,
その場がなりたたないのでは…

*(申し込みはしたものの,コレはまずい!)
開催は今週末,思い立つは平日!
さぁどうしたものかと思い,
仲の良い人たちへ一緒にもんじゃを食べに行くことを提案しました。
しかしながら,
平日に急に誘われても…
というのがみんなの本音。
私の乏しい電話帳はまもなくワを迎えたのでした。

*(さすがに1人で焼きに行く勇気はないし,これまでか…)
当日までにもんじゃを実際に焼きに行くことは断念した私。
でもさすがに何も知識がない状態で行くわけにはいかないと,
自宅で必死にネット検索。
意外と簡単なようです。
やったことないから不安はぬぐえないけど,

*(まぁなんとかなる)
そんな気持ちで週末を迎えたのでした。

そして当日。
私たちは10人ほどしか入らない,
小さなもんじゃ焼き屋さんで受付をしました。
ツキシマはメインのアーケードに
そういったお店が軒を連ねているようです。
その各会場の中で,
私たちのスタート地点は特に小さなお店,

*(っぽいと言えば,っぽい)
と,知ったかぶりの私たちは,
店内に設けられた3つの卓のうちの1つを囲みました。
もんじゃを焼くためだけの小さな卓なので,
座る4人の距離は近い印象でした。

早速注文したもんじゃの素がやってきて,
ついにショータイムです!
やっぱり焼くのは私たち男性陣の仕事!
素が入った器を高らかに持ち上げます。
鉄板に流し込む腕は緊張していたものの,
あれ?案外うまく行くもの。
食べごろのタイミングまで歓談し,
徐々に鉄板に手が伸びます。

初めて食べるこの不思議な食べ物をヘラで弄びながら,
私は不慣れの極み。
鉄板とにらめっこ。

*(焼き加減ってどんなもの?)

ハッとして顔を挙げた私。
鉄板のもんじゃに気を取られて,
肝心な会話を続けられていなかったのです。
幸いその時は相方が会話を進めていたようなので
特に何も思われていなかった様子でした。

*めっちゃよそ見してた~
などとネタに変換しその場を凌ぎました。

別な卓を見てみると,
黙々と下を向いて焼いているところもありました。
メンバー自体が盛り上がってないのか,
焼いているのに集中しているのかわかりませんが,
なかなか厳しい光景だなと感じます。

おいしいもんじゃに舌鼓を打つうちに
みんな機嫌もよくなり,
自然と会話も盛り上がったおかげで連絡先も無事にもらえ,
私たちは次のお店へと移動するのでした。

【今回の収穫】

●料理をする街コン
最近は「料理コン」なるものも出ているらしく,
料理を作る共同作業を通したやり取りから
出会いのきっかけを得る方法もあるようです。
それは今回のような卓を囲むようなものもあれば,
お料理教室のような形式のものもあるそうです。
後者のほうでは包丁などの最低限の料理経験が必要ですが,
今回のようなタイプのものは非常に簡単なものを作るので,
気負う必要はないと思います。
私のように未経験でもできるレベルですよ。

●作業に集中しすぎない
今回はもんじゃ焼きという料理に初挑戦した私。
鉄板料理ということで,
作業をするために下を向くことを要求されます。
また食べる時も同様ですが,
ぜひできるだけ前を向いて調理を行ってください。
料理をおいしく作ることも大事ですが,
お相手はあなたの料理の腕前ではなく
あくまでのフィーリングを見ているということを
忘れないでください。

●共同作業
一緒に同じことをするうえでは
自分と相手との自然なチームワークが試されます。
出会いの場のひとつの手段として
こういう場が設けてあるわけですから,
この作業を通してお互いのフィーリングを確かめない手はありません。

【次回予告】

ついに私が参加する最後の街コン。
回数を重ねた私がそこにいました。

街コンの歩き方 第十回 ~ケセラの街コンの歩き方~

次回もご期待ください

By ケセラ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ