婚活のその先、上手なお付き合いとは?

ドキドキの婚活パーティにて、いい感じの彼を発見…
がんばったかいあって、めでたく連絡先もGET!

けれど、本当に大変なのはここから。
カップル成立後、あとがなかなか続かないという人も意外と多いもの。
始まったばかりの2人が、さらに深い関係になるにはどうすればいいか?
気になるポイントをご紹介します♪

 

・デートの前には、情報整理を

射止めた彼と出かける際には、もう一度彼についての情報を整理して。
パーティでは、あなたもたくさんの男性と話をしたはず。
もしかしたら、彼とその他男性の情報を混同している可能性もあります。
「○○さんのお仕事は、~でしたよね?」
「いや、違いますが」
なんてことになったら、一気に好感度もダウン…
デート中の話題の予習にもなりますから、
できれば彼のプロフィールを振り返る時間を作るようにしましょう。

・支払いは割り勘が吉

2人で、たとえば食事でも?という話になった時。
その際は、ポーズだけでなく、支払いは割り勘を申し出るといいでしょう。
なかには「男性がおごって当然」という考えの女性もいますが、
知り合ったばかりの関係では、「ずうずうしい」と思われてしまいます。
決して、支払って当然という態度を出さないこと。
もし男性に支払う用意があり、今回はおごるよ、と言われれば、
固辞せず厚意に甘えてしまってOK。
「次回は私がおごりますね」とつなげれば、金銭面での配慮を見せ、
なおかつ次の約束も希望しているということを伝えることもできます。

・こまめな連絡がカギ

デートから帰宅したら、必ず彼にメールなどで連絡を。
楽しかったこと、また次回を楽しみにしていることなどを伝えて。
また、デート中は彼もあなたにたいして気を使って、
いろいろと動いてくれたはず。
そのことに感謝して、心をこめたメールを送りましょう。
それ以降も、彼から連絡があった時には、素早いレスポンスを心がけて。
また、あなたからも何かと連絡して、アプローチするといいでしょう。
継続的なやりとりで、彼に興味があることを伝えれば、
そこから疎遠になり、関係が自然消滅…なんてことは防げるはず。

 

いちから人間関係を作り上げるには、
きめ細やかな気配りがなによりも大切です。
あなたの努力で、運命の彼を引き寄せられますように!

 

by わか

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ