「人間」としての清潔感

第一印象として、よく、
「清潔感」が大事だと言われます。
女性の「なんとなく汚らしい感じがして嫌」というのは、
この「清潔感の欠如」によるものです。
「さわやかさ」と言い換えても
よいかもしれません。
この清潔感というのは、

・よれよれの服などを着ていない
・髪が整えてある、ボサボサじゃない
・爪や髭をきちんと処理している

といった外見上の清潔感だけではなく、
性格や立ち居振る舞いから
感じられるものも含みます。
第一印象に影響する外見は、
それなりにどうにかなるものです。
ですが、内面によるものは
すぐ、うっかり素が出てしまうので
なかなか気を抜けません。

まずは、姿勢があげられます。
猫背はだらしなく見えますし、
どこかにすぐ寄りかかったり、
だらだら歩くのもいただけません。

それから、
食べていると周りを汚す、
箸の持ち方がおかしい、
くちゃくちゃ食べる、
好き嫌いが多いなどといったものの食べ方など、
ひとつとっても、
以外と見られているものですよ。

そして、本当に根本的なことですが、
「おはよう」「ありがとう」などの
基本の挨拶ができるのは大切なことです。
会った瞬間から用件に入られると
せっかちだなあという印象も与えます。
何かしてもらっておいてお礼も言えないのでは
常識がないなあと思われかねません。

器の大きさを感じさせると女性は安心する

他人に対して平等である、というのは
言うのは簡単ですが行うのは難しいもの。
嫌いな人に素っ気ない態度をとる、
立場の弱い人に偉ぶるなどの行動は、
女性から見ると子どもっぽく幻滅ポイント。
店員に対して横柄な態度をとる人がいますが、
正直みっともないです。

もうひとつは、愚痴を言わないこと。
後ろ向き、湿っぽいととられます。
もし、女性との会話中に失言に気づいたら、
「あ、愚痴ってしまった、
 嫌なことを聞かせてごめんね」
なんて、フォローをしておきましょう。
ちゃんと謝れる人、気遣いができる人、
そんなふうに評価があがります。

@uta_ko

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ