シークレットな恋こそ燃えるのです!

会社で好きな人がいたり、実際に社内恋愛中の人はいますか?今回は、「社内恋愛」について書いてみようと思います。
「仕事中に何をしてるんだ?」と上司に一喝されそうですが、仕事には皆さん毎日通うのですから、楽しみは一つでも多いほうが、
楽しく仕事も出来るというものです。

社内恋愛は、通常、隠れてする事が多いです。「周りに知られないように・・・・」このシークレットな感じが、二人の思いを更に熱くさせます。周りに知られないように、彼と私だけの秘密の恋、考えただけで熱くなりそうな恋ですよね。
人間は不思議なもので、おおっぴらに「これが俺の彼女!」「これが私の彼氏!」と紹介出来る関係より、二人だけの秘めた恋の方が、より絆が深まります。
社内では、全く関係の無いフリをし、仕事が終わったら、彼氏彼女の関係になる、というメリハリも、大きな恋のスパイスになっているのです。

また、社内恋愛の大きなメリットの一つに「会社に行くのが楽しくなる」「仕事が楽しくなる」ということがあります。

某金融会社で働くE美さんは、一年ほど前から、直属の上司の彼と付き合っています。仕事中はとても厳しい彼なので彼に怒られる事もしばしばあります。
しかし、「仕事で嫌なことがあっても、プライベートで彼に沢山慰めてもらえるから、仕事が楽しくて仕方ない!」と言います。
たとえ、勤務中に彼に怒られたとしても、それはあくまでも昼の顔。仕事が終わり、プライベートな時間になれば「さっきは思いっきり怒られて、怖かったよ~」などと甘えることだって出来るのです。

また、勤務中の「頼れる上司、男らしい上司」と、プライベートで見せる「優しい彼、時々見せる甘えん坊の彼」とのギャップが、
E美さんにはたまらないと言います。

恋も仕事も楽しくなる、一石二鳥の社内恋愛、あなたの周りにも、素敵な上司はいませんか?
上司は、ただの「上司」ではなく、プライベートも持つ「男性」である事を忘れず、接してみて下さい。

By yumechan

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ