歩み寄りが大切です

◆なんだか最近彼のしぐさや言葉に物足りなさを感じる。
◆彼は本当に私のことが好きなのだろうか。

付き合い始めはラブラブな日々を送れていても、
2人の関係が落ち着いてきた時期にこんな思いを抱き、
不安に思っている人もいるのではないでしょうか。
付き合いが長くなるにつれてそれまで頑張って愛情表現をしていた彼も、
いつしか本来の姿に落ち着くのは容易に想像がつきます。

自分の彼が愛情表現が苦手なタイプの場合、
今後も彼の愛情に不安を感じながらお付き合いするしかないのでしょうか?

彼からの愛情表現が乏しく,
無関心さや淡白な言動の原因が

◆仕事が忙しい
◆男としての自信を一時的になくしている
など、はっきりしていれば

◆それが解決するまではそっと見守ろう
◆今は仕方がない
と思えるのですが,
そうでない場合はなかなか納得できないものです。

◆彼からの愛情が感じられない
◆なぜ私と付き合っているのだろう
◆もしかして彼女という存在が欲しいだけ?
◆きっと彼なりに愛してくれているのだろうけど、もし違ったら…
ありとあらゆる想像を膨らませて不安に陥る、
これは女性によくあることだと思います。

大切な彼女にこんな不安な思いをさせてしまう彼は罪ですが、
彼だってわざとそんな思いをさせてるわけではないのです。
むしろ自分の彼女がそんなことを感じていることすら気づいていないかもしれません。

では、本当に彼はあなたに愛情表現していないのでしょうか?

あなたの思う愛情表現と彼のそれが同じであるとは限りません。
人それぞれです。
特に男女の差は大きいでしょう。
あなたにとって

◆こんなこと当然
と思っているようなことでも彼にとっては大切な愛情表現だったりするのです。

大切なことは

《愛情表現の仕方は、人それぞれ》

ということです。これを忘れてはいけません。
このことを理解せずに自分の求めている愛情表現ばかりにとらわれていると、
彼が精一杯の愛情表現をしているのにそれに気づかず、

◆私は彼に愛されていないんだ・・・もうお別れかな・・・
と、とんでもない勘違いが生まれてしまいます。
それでいいのですか?
せっかく出会えた二人です。
もう少し、愛情表現の苦手な彼について、考えてみませんか?

あなたの彼は、
恋愛に慣れてなかったり愛情表現に抵抗がある人ではないですか?
恋愛以前に、
人との関わり方が苦手だったり生き方が不器用な人ではないですか?

あなたはそんなところも含めて、
彼を好きになりお付き合いを始めたはず。
付き合い始めの頃の彼の良いところを思い出し、
愛情表現が苦手な彼に少し歩み寄ってみましょう。

もともと彼は、
あなたが求めているような愛情表現はなかなかできない人なのですから、
過剰な期待は禁物です。
三つ子の魂百まで。人はそう簡単に変われません。

◆メールの頻度
◆デートの回数や時間の長さ
◆記念日のプラン など、
女性はいろいろな角度から「自分への愛情」をはかろうとします。
ここでは特に記念日のプランについて取り上げたいと思います。

誕生日や記念日など、
大切な日を忘れてほしくないと思う女性は多いでしょう。
でも、男性はそんなにたくさんの記念日を覚えきれません。
自分の家族の誕生日はもちろん、
自分の誕生日すら危うい男性だっています。
たとえ覚えていたとしても愛情表現の苦手な彼だった場合、
記念日をサプライズで祝ってもらうなんて期待できません。
むしろそんな期待をかけては、
彼はそのプレッシャーに押しつぶされてしまいます。

ではあなたの彼がこのようなタイプで、
あなたが記念日のサプライズを諦められない場合どうしたらよいのでしょうか?

そんな彼にサプライズを期待するのは難しいですが、対処法はあります。

◆もうすぐ誕生日だからこれが欲しいな
◆来月は○○記念日だからあのレストランに行きたいな
このようにあなたが事前に彼にアピールすればよいのです。

◆記念日を覚えるのが苦手
◆愛情表現も苦手
◆そもそも何をしてあげたらいいのかわからない
不器用な彼はこのようなアピールはむしろありがたいのです。

◆自分からリクエストするなんて・・・
とためらう方もいるかもしれませんが、
記念日を祝いたいなら多くを求めてはいけません。
誕生日が来るまでヤキモキして待ち続けるのか、
2人で記念日を楽しいものに作り上げていくのか。
あなたの理想の記念日プランを彼だけに求めるよりも、
あなたもそのプラン作りに加わりましょう。

《お互いの歩み寄り》

が大切なのです。

そしてもう一つ。
良い意味で彼に

《期待しすぎないこと》

です。

◆考え方や感情の持ち方
◆趣味
◆食事の好み
◆癖
あなたの理想にぴったりくる人なんていません。
家族・兄弟でも異なるのですから、
もともと他人の彼とぴったり来ないのは当たり前です。
それを無理に相手に合わせても、
どこか自分らしくないところが出てきますし、
我慢しているといつか限界がくるでしょう。
それが2人の関係をギクシャクさせストレスになり、
終わりを迎えてしまうのです。

◆こうしてほしい
◆彼はこうあるべき など
あなたの理想の愛情表現を期待しすぎると、
彼はそれをプレッシャーに感じて本来の自分を押し殺し、
窮屈に感じてしまいます。

過剰な期待はせずに普段から彼を理解していこうと接していけば、
彼なりの愛情表現に気付き、
そこに幸せを感じられるはずです。

◆彼の小さな心遣い
◆ちょっとした表情
◆しぐさ
そこに大きな愛情が秘められているのです。
それを見つけ心から喜び、
彼に感謝の気持ちを伝えましょう。

もちろん、
あなたから彼に愛情表現をすることも忘れてはなりません。
その時にあなたが望む愛情表現をさりげなく織り交ぜてみましょう。

◆こうしたら彼女は喜んでくれるのだ
と彼もあなたが望む愛情表現の仕方を学び、
あなたにその方法で返してくれるかもしれません。
彼女の喜ぶ姿を見て、
彼も少しずつ愛情表現を増してくれれば好循環です。

愛情表現が足りないと嘆き苦しむ前に、
まずは自分の心構えを変えてみませんか?
相手を変えようともがくより、
自分の考え方や彼への接し方を少し変えるだけで解決することもたくさんあります。

《愛情表現の仕方は、人それぞれ》
《お互いの歩み寄り》
《期待しすぎないこと》

これらのことを頭の片隅に置き、
ぜひ彼の愛情表現をさまざまな角度から感じ取ってみて下さいね。

あなたの恋がうまくいきますように。

By ケセラ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ