メール分岐3パターン その2

パターン2「用件のみメール」

おそらく、面倒くさがりな女性です。
メールは連絡手段の一つでしかないと
割り切って考えているので、
「おはよう」
「調子はどう?」
といった内容のないメールは嫌がられます。
こういう女性は、

「おやすみ」と送られてきたって、
「おやすみ」以外にどう返せばいいの?
それって何か意味あるの?
っていうか、打つのもめんどくさい。
無駄な労力を使いたくないなー。

……とまあ、こんなことを考えています。
コミュニケーションのひとつとして
メールのやりとりを楽しみたかったら、
相手の興味のありそうな話題を
ふるのが良いですね。
自分が楽しいこと、
自分が好きなことには
饒舌になるタイプです。
まあ、基本的にものぐささんなので、
送ってもしばらく返事がなかったり、
忘れてたー、なんて何日か後に返事が来たり、
そのまま本当にメールが来ていたのを忘れられたり…
気長に待つのが肝要です。
自分から動くのが面倒なので、
放っておくと、平気で
ひとつきほど連絡がなかったりします。
相手から連絡が来ること自体は
そこまで拒みません。
むしろ、助かる、と思っています。
地道なやりとりを経るよりは、
はやく結果が出るのを望む傾向もあるので、
いっそ電話をかけてしまうというのも
ひとつの手です。
このタイプは、メールを打つよりしゃべる方が、
気楽に対応してくれて話も弾みます。
「おやすみ」メールなどは、
しつこがられたり、うるさがれたりするだけですが、
ごくごくたまーに送るのは

えっ、どうしたのかな、
普段はこういうことしないのに珍しいな、

と思わせるので、時には使ってみましょう。
ギャップになっていいかもしれません。

あるいは、あなたに対して根本的に興味がない、
という可能性も考えられます。
「そうなんだ」「楽しそうだね」
「すごいね」「良かったね」
などの、同意だけはする文面が混じっています。
ですが、表面上愛想が良いだけで、
中身に深くつっこんでくることはしません。
時間がたつとやりづらいのが分かっているので、
返信は早めに来ますが、
すぐにやりとりが終わってしまいます。
短く、他人事のようなメールが来るときは、
こちらの場合が多いでしょう。

@uta_ko

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ