初デートプランのメインはこれ!

気になるあの子と初めてのデートの約束を取り付けたいあなた!
初デートはお誘いする時点であらかじめメインの内容は決めておきたいもの。
仮にその子が現時点であなたに興味を持っていなくても,
このチャンスをしっかりものにすることができれば
恋愛対象に昇格できることも期待できます。
そのための初めの誘い文句にも使う重要な決め事ですね。

この記事では初デートで使える基本的なプランと共に,
気をつけたいポイントなどをご紹介いたします。

【季節を感じる定番】

春は桜,
夏は海,
秋は紅葉,
冬はイルミネーションと,
季節に合わせて様々な場所へと一緒に出かけられるドライブ。
最も定番なデートプランです。
街から飛び出し自然を走りながらするドライブは
自然なリラックスと共に会話を盛り上げてくれることでしょう。

そんなデートプランを補助的にサポートしてくれるアイテムはこちら

◆雨にも日差しにも使える傘
◆暑さ対策に窓につける日よけのシェード
◆夏でも便利な大判のタオル  等々

もし天候に何の問題もなければ出番はないですが,
車に置いておけば良いだけなので特に難しいことではないですね。

車を運転しているうちに天気が変わって雨模様なんてこと,よくあると思います。
雨が降ったからといってコンビニはどこだろうと探したり,
そこで一旦休憩となってしまうと,
せっかく今まで作った空気もリセットされてしまうこともあるでしょう。
天気が良すぎて日差しが強いときも同様です。

日よけのシェードは女性には重宝するでしょう。
運転に集中している運転手と違い,
彼女は室内や窓の外からいろんな刺激に敏感になるもの。
天気がよければ気持ちが良いけど日差しは眩しいし当たると暑い。
ぜひ用意しておきたいですね。

タオルはもしもの時に身体を拭くことができますが,
今回のご紹介はそういうことではなく寒さ対策です。
夏は暑いのでエアコンを効かせますが,
女性は足元が冷えすぎて寒くなることもあります。
そんなときにそっと掛けてあげるとスマートですね。

【共通の話題作りに最適】

これにも定番の映画鑑賞。
デートで観たい映画のジャンルで最も人気なのは,

◆笑いあり,ドキドキありのラブコメ
◆彼女の顔を伺いつつ王道のラブストーリー
◆話題は笑いから,コメディー映画

2時間映画を一緒に見て,
その後は喫茶店やレストランで感想を語り合って盛り上がるのは楽しいもの。
2人の感想やおもしろいと思ったポイントが違えば
それはそれで彼女の新しい発見になるし今後のデートに活かせそうですね。

しかしながら彼女に合わせた映画を選んでしまったがために集中できず
こんなことをしてドン引きされてしまうこともあるので要注意。

◆くちゃくちゃガムを噛む
◆ケータイをいじる・着信音を鳴らす
◆いびきがうるさい

ガムをくちゃくちゃ音を立てて噛むのは食事の時と同様
気になる人は気になるので気をつけたいところ。
ケータイは発する光で彼女だけではなく周辺の観客の邪魔をします。
着信を鳴らせば全体の集中を切らせる原因にもなりかねません。
いびきがうるさいとあれば,
目が覚めたときには彼女は隣からいなくなっているかもしれません。

【ロマンチックなムード作りに】

夜景を一緒に見るというのもまだまだ捨てがたいようです。
その時の天候に大きく左右されてしまうために難しい選択肢ですが,
キレイに見えればムードは最高潮。

参考までに,都内界隈でのお勧め夜景スポットをご紹介します。

◆六本木ヒルズ大展望台 「東京シティビュー」
◆東京タワー展望台
◆横浜ランドマークタワー スカイガーデン

【上手な会話が必須!?】

まずはゆっくりお話がしたいという方も多いようです。
彼女の要望とあればやむを得ない選択となりますが,
場を持たせる手段が会話しかないという意味では
初デートではなかなか敷居の高いものとなります。
会話を盛り上げるのに苦戦する心配がなければ結構ですが,
もし厳しそうな場合はできるだけ多くの切り口で
別な場所へ連れ出すプランを練っておきましょう。

【2人でお酒を楽しみ歓談する】

個室でお酒を飲みながらゆっくり会話が出来る居酒屋デート。
現在はコンセプト居酒屋なるものもあり,
通常の雰囲気では満足できない彼女にはうってつけかもしれません。

ここで注意したいのが,

◆彼女がお酒に強いのか弱いのかをしっかり確認しておくこと。

弱いのに強がって飲まれたり,または気づかず飲ませたり。
開始10分で泥酔されてはたまったものではありません。
もし彼女が強い方でしたらあなたのペースで飲めるので安心ですね。

ちなみに,
「ウコンの力」などの二日酔い対策ドリンクは飲む前でも飲んだ後でも有効ですので,
彼女に勧める場合には流れに合わせて自然なタイミングで出してあげましょう。

【最後に】

いかがだったでしょうか。
今回挙げたプランの項目自体は非常にベタなものとなっていますが,
その中でも何らかの新しい発見や気づきがあると幸いでございます。

次の彼女と初デートでは
「楽しかったです。また出かけましょう」
と返事が来ることを願っております。

By ケセラ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ