出会いは基本項目から!

出会いを意識

初対面の人達ばかりでの飲み会が開催された。
こんな時、彼氏、彼女が居なかった場合ちょっと出会いを意識しますよね。
「あんまり期待しない方がいいよ~」なんて言いながらも本心は「どんな男性が来るかな?」と
期待をしていることは言うまでもありませんね。
実際に私が「効果的だな!」と思ったテクニックご紹介します。

テクニック伝授

 1.自己紹介
初対面ですから必ず自己紹介をしますよね。
この場ではまだ「気になる人」や「格好良いな」と思う人が居なくてもインパクトのある自己紹介をします。
[1]名前は名乗るだけでなく、漢字まで!
名前を名乗る時、「私の名前は○○○です。漢字では…」というようにどのような漢字を使って書くのかを
伝えると、どことなくその人のイメージが沸きますね。
[2]出身地の言い方
「私の生まれは○○県です。○○が有名です。」とちょっと有名なものを話題に入れると
その後のフリートークの時間などにその話題を聞いてきてくれる人が居て、盛り上がることが出来ます。
[3]趣味、特技が決め手!
趣味、特技を言う時、季節のスポーツの話題を盛り込むと一気に話題が増えると聞きました。
後はあまり人がやっていない特技などを持っていたら言ってみるといいですね。

 2.フリートーク
まずは相手の出方を見ましょう。
①相手がよく喋る人でこちらが話題を出さなくても話をしてくれる人か。
②相手が割りと無口でこちらが話題を出すと話をしてくれる人か。
①の場合はとことん聞き役に回りましょう。
話をするのが好きな人は自分の話を遮られるのが1番嫌だと思います。
なので、リアクションや「?」の付いた会話への受け答えを意識していましょう。
例えば「カワイイ」と言われたら「そんなことないですよ」と謙遜した後、「でも、嬉しいです」と
ちゃんと自分が喜んでいることも伝えましょう。
②の場合は相手が自己紹介で述べた話題に触れながら話を膨らませると良いと思います。
しかし、まだ知り合って間もないのでプライベート過ぎることに踏み込むのは要注意です。

交換するのはアドレスでなく…

 このように飲み会が進んでいくにつれて
段々と最初の緊張もほぐれ、話しやすい環境になり、打ち解けていきます。
自分の加減で飲み会も終盤に差し掛かったと思ったら、自分が気になる男性にアドレスではなく
『LINE ID』を教えてもらうのです。
最近はLINEの利用が増えているのでアドレスを聞いてメールをするよりも
LINEの方が気軽に、そしてスタンプを使って可愛くメッセージを送ることが出来ますよね。
例えばメールの本文が「、」や「。」だけでもスタンプがあるだけで印象が変わります。
なので、私はアドレスを聞くより『LINE ID』を聞くことをオススメします!

テクニックは使ったもの勝ち!

いかがでしたか?
この中で少しでも「あ!使える」と思っていただけるものがあったら幸いです。
テクニックは使ったもの勝ちです。
本気で出会いを求めている場であったら遠慮せず、自分のテクニックを出していきましょう!
1つ1つの出会いを大切にし、良い出会いがあることを祈っています。

by:chi-chan 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ