1-2.好みのタイプ、理想のデートをすらすら言えることがモテる条件

モテる人とモテない人を一瞬で見分ける方法があります。それは、好みのタイプを聞いてみて、具体的に答えられない人、すぐに答えられない人は、恋愛経験に乏しく、モテない人です。また、ジョークで逃げたり、当たり障りないことを言う人もあまり恋愛経験がなく、つまりモテない人です。アイドルの名前や二次元のキャラクターを言う人もやはりモテないでしょう(言うまでもないことかもしれませんが……)。

[問題1-2]あなたの理想のタイプ、好みのタイプを考えてみよう。一緒にいて気持ちのいい友達や、過去に好きになった人を思い出しながら、その人たちのどこが好きで、その人たちとはどういう話をしているのか思い出してみよう。

【解説】
今まで付き合ってきた人を列挙してみると、おどろくほど共通点が見つかることがあります。それは人の特徴ではなく、付き合い方や付き合うまでに至るプロセスも含めて、共通点があります。それは単に容姿の話ではなく、関係性などに着目して深く考えてみることです。無意識のうちに避けていることや、絶対外せない条件というのが実はあるのです。そして、それは、あなたが付き合ったらこう過ごしたいという理想を意味します。この理想を突き止めて、言葉にすることが大事です。もちろん、中には言葉にしたらひんしゅくを買うような悪しき欲求もあるでしょう。そういうのは、そっと胸にしまい、他人に言っても差支えないものはどんどん他人に話していきましょう。「そういう恋愛、いいな」と相手も思えば、二人の距離は縮まりますし、恋愛観が一致していれば、付き合ってからもうまくいきます。言わなければ伝わらないのですから、いつでも言えるように、あらかじめ考えておくのです。
私は、付き合ったらこういうことをしたい!と先に言ってしまうと、いい恋愛ができます。同意できない人は去っていきますし、同意できる人が集まってきます。そういう人たちの中から、恋人を見つけたらいいのです。無条件に手当たり次第、いい男(女)はどこかにいないものかと探すのは、壁に泥を投げつけるような行為です。だからいい相手が見つからないのです。恋愛観を公開した上で、あなたとそれでもなお恋愛の話を続ける人が数名いれば、みんな恋人にできます。あとはあなたが選ぶだけです。恋愛観を出さないのはアルバイトの募集で時給だけ書いてあって仕事内容が書かれていないようなものです。どんな仕事をするのかわからなければ、誰も募集なんかしてこないのです。それと同じで、どういう恋愛をしたいのか、あなたのほうから伝えない限り、相手も歩み寄れないのです。

どんなデートがしたいのか考えてみましょう。家でDVDを見るのか、二人でディズニーランドに行くのか。行くとしたら、どのくらいのペースでいくのか。二人のデートに笑いは必要なのか。それとも淡々と流行りモノのスポットをまわっていきたいのか、あるいは、二人だけの共通のスポットを開拓していきたいのか。恋愛で何がしたいかというのは、どういうデートがしたいかということです。特に男性は抽象的に、「二人で同じ方向を見るような……」ということを言ってしまいます。これでは伝わりません。どういうデートをしたいのか、ひとつでいいからサンプルをあげてみましょう。

私は、二人でDVDを見て、お腹がすいたら二人でコンビニに買い物に行って…という過ごし方が好きです、ですから、昼間はどうでもいいのです。夜に時間のある人がいいです。ですから、毎晩遅くまで働いていて、土日に朝からデートというよりは、毎晩余裕のある時間にかえってきてちょっと一緒に過ごすけど、いつも一緒にいるような感じのほうが好きです。土日はばらばらにお互いの友達と遊んでいてもいいのです。
これも恋愛観です。あなたは土日に1日使って遊びデートと平日の夜毎晩二人時間を共有するようなスタイルとどちらがいいのか、この二択だけでも恋愛観なのです。

[練習問題]
1.土日に両方1日会えるけど、平日はまったく会えない恋人と、平日は毎日夜だけ会えるけど、土日はまったく会えない恋人のどちらがいいか。
2.恋人と一緒にいるところを友達に見られるのは構わないか。
3.恋人を含め、友達グループと遊びにいったりしたいか。
4.夜は一緒に寝たいか。
5.風呂は一緒に入りたいか。
6.恋人と食事に行くなら近所の居酒屋と高級レストランどちらがいいか。
7.恋人が異性と二人で出掛けるのは許容できるか。
8.メールは1日何通くらいしたいか。
9.手を繋いで歩きたいか。
10.同棲したいか。

真夏みのり

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ