女の子といいムードに持ち込むテクニック


恋愛はしたいけど、そもそも出会いがないから恋愛ができない!

という方って、意外と多いのではないでしょうか。

毎日を普通に過ごしていればいつか素敵な出会いがあるだろう!とか、
まだ私は運命の相手に出会ってないだけだ!などと、
言い訳みたいなこと言ってないでしょうか?

出会いは降ってきません!出会いは自ら作って下さい!

こればっかりは、いくらテクニックを磨いても、
恋愛の知識を身につけたとしても、
出会いがなければもちろん始まりません!

偶然に運命の相手に出会えるなんてのは、夢に近いですよ!
やっぱり、出会うならそれなりの努力は必要です。

もちろん、ナンパも立派な恋愛テクですよ!まあ、難易度は高いですが。

 

さて、今回のテーマは女の子といいムードに持ち込むテクニックです。
こればっかりは、相手がいなくては始まりませんが、
今回は、女の子をデートに誘うことができたとしてのテクニックを紹介します。

彼女がいる方だって、彼女といい雰囲気に持ち込みたい!というのでもいいですし、
気になる女の子と念願のデート!という人もいいムードに持っていくコツがあります。

もちろん、デートしている時だけでなく、
大学や職場などでゲットしたい女の子がいるという場合でも、
この方法なら二人の仲は縮めることができます。

 

暗い場所にでデートを誘う

まずは1つめとして、女の子を薄暗い場所に誘うことです。

これだけ聞くと、良くある話だなぁと感じる人が多いんじゃないかと思います。
ですが、この暗闇に誘うという行為は心理的効果がかなりあります。

これは実際に、専門家が実験した結果でも立証されています。

 

●裏づけの実験

まず男女の二人組を作り、明るい部屋と真っ暗な部屋にそれぞれ閉じ込めます。
もちろん、実験対象としている男女には観察をしていることは伝えてありません。

すると、明るい部屋に閉じ込めた男女二人組みは、楽しそうに会話をしています。
時間がいくら経過しても、こちらの男女は明るく会話を続けているだけでした。

一方、真っ暗な部屋に閉じ込めた男女二人組みは、徐々に二人の間隔を狭めていきます。
しだいに、ソフトタッチをし始めました。

暗闇にいることによって不安な感情などが表れ、
同じように暗闇で不安定になっている感情の人が近くにいる相手に依存するためと言われています。

もちろん、明るい部屋に閉じ込めた男女の方が、駄目な例ではありません。
しかし、この実験はどちらの方がいいムードに持ち込みやすいか、という実験です。
真っ暗な部屋に閉じ込めた男女の方が、効果がみられているのです。

なので、“暗さは男女の関係を狭める”というのが立証されています。

 

もし、女の子を食事に誘うことができたのなら、薄暗い場所を選ぶと良いでしょう。
その後も、薄暗いバーや公園で時間を共有することで、二人の間隔がいっそう狭まります。

 

実験結果の考えからすると、暗いだけではなく、
「暗い場所で、さらに二人だけの空間を作りだす」ということが重要というのが分かります。
薄暗い空間を二人だけで共有している、ということがいいムードに持ち込むポイントでしょう。

しかし、薄暗くても周りがよく見えているところだと、
せっかく二人きりでお店に食事しに来ているのに、女の子の男性に対する依存心が生まれません。

 

 

女の子と行くお店選びの3つのポイント

  • 周りの声が聞こえにくい店
  • 静かで薄暗い店
  • 個室である店

以上の3つが、お店を選ぶときのポイントです。

 

ここまでがデートするときや、女の子二人で食事に行くときの大切な要素となります。

 

食事に行ったあと、次に向かう場所も重要

食事の後に行くお店選びでも、薄暗い店に行くということは重要です。

そして、さらに大切なのが、隣に座れる店に行くことです。
先ほど行った場所よりも、女の子に近い距離にいくことが大切です。

 

●2次会の店選び

  • 静かで薄暗い店
  • 隣に座れる店(席間が近いほうがより良い)

暗闇の空間で、いつ横の男性と肌を合わせるか…と思わせる様な位置でいることが重要となります。
食事の後は向かい合う位置に座って話すお店ではなく、
横に座れるカウンター席があるお店がいいでしょう。

特に、バーなんかは薄暗く、静かな場所でカウンター席という店が多いです。
事前によさそうなバーを、ピックアップしとくといいかもしれませんね。
バーはお酒も提供してくれるし、お酒の種類も豊富でオシャレです。
オシャレなバーなら探せば、たくさんあるのでリサーチを怠らないように。
なにより女の子は雰囲気の良いところは好きです。

その場の雰囲気で、その後…なんてこともあるかもしません。
薄暗いお店に行くということを頭にいれておきましょう。
薄暗い場所だからといって、変な森とか連れてっちゃだめですよ!笑

 

今回はいいムードに持っていくためのポイントの紹介でした。
会話術に関しては、この記事では触れていませんが、
あなたのトーク術も重要になります。

是非、女の子を楽しませてあげて下さい。

 

by ゆん

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ