元カノへの正しい復縁方法②

「現段階では、元カノに毎日電話やメールをするのはよくない」と推奨しますが、

その理由は、お互いの気持ちに差があるうちに復縁を迫っても、

相手に自分勝手だと思われてしまうからです。

ですが、あなたご自身が、元彼女のことを思い出してしまって辛い時、

その気持ちをどう解消すればいいのか。

ある例を元に解説していきます。

Aさんは元カノとよりを戻せず毎日辛いので、気晴らしの為に友達と合コンにいきました。

そこで、いろんな女の子と話したりするのですが、

どの子と喋っても、何か違う、

どの子と笑い合っても、頭の片隅には元カノの姿が・・・。

結局、元カノがいなければ何も楽しくない、と思って帰宅したとします。

その気持ちを元カノに伝えようと、メール文を作ります。

「今日、気晴らしに合コン行ったんだけど、キミのことばかり思い出すし、

他の子と話せば話すほど虚しくて。やっぱり俺はキミじゃないとダメだってわかった。

キミがいなければ何も楽しくないよ」

元彼女がこれを読めば、あなたの思いが伝わって彼女が喜ぶかもしれない。

と思うかもしれませんが、このメールだと逆効果になってしまいます。

元彼女の立場になって、あなたのこのメールを読み返すと

「Aさんは私と別れてますます魅力ダウンしている(何も楽しくないってすごくネガティブ)。

他の子と話しても楽しくないとか、私のこと思い出して虚しいとか、

飲み会に参加しておきながら、周りの人を気遣えていないし。

気晴らしに飲みに行く前に、なんで別れることになったか全然わかってないじゃない!」

と受け取れてしまうのです。

つまり、現実から目をそむけてただ彼女に甘えているようにしか見えないわけです。

こういう場合のメール文はこんな感じがいいですね。

「今日は気晴らしに合コンに行ってきたよ!いろいろな子と話して、

いい刺激になったわ~。俺ももっと男を磨かないと!www」

このメールを、元彼女の立場で読むと・・・

「お、気晴らしに合コン行くとは、もう私のことは吹っ切れたのかな?

いろいろな子と話したってことは、誰かお気に入りの人でも見つけたのかな~。

男を磨く?そんなに、前向きに??」と、受け取ります。

 このように、文章全体が前向きであったり、あまり多くを語らないことで、

彼女はあなたの気持ちを想像するわけです。

想像する=あなたのことが気になるきっかけになるわけですね!

このきっかけこそが、復縁成功へとつながるわけです。

前向きに、ポジティブな今の自分をアピールしましょう。

@sudou

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ