「いい人」を卒業したい人へ

「いい人」ってどんな人?

何故かいつも「いい人」で終わってしまう人っていますよね。
気になる女の子に声をかけて仲良くなって、二人だけでも遊ぶ仲になった。
ってことはイイ感じかな、なんて思って告白。
すると返事は
「ごめんなさい。○○くんは、いい人だと思うけど・・
これからも友達としてのお付き合いじゃダメかな?」
なんてパターンです。

こういう「いい人」の注目すべきところは、同じ流れを繰り返すことです。
筆者の周りにもいます。
優しくて、気配り出来て、面倒見が良くて、本当にいい人なんですよ。
よく言えばお兄さんみたい、悪く言えばお父さんみたいな・・

女性が惹かれる男性とは

本来女性とは、どういう男性に惹かれるのでしょうか。
よく、優しい人が好み。なんて聞きますが、あれは実は世間体なんですよ。
ただひたすらに優しい人と、普段は無愛想だけど失敗したときに優しくしてくれる人。
女性が惹かれるのは後者です。
いつも真面目な人と、普段は適当なのに仕事のときは真面目な人。
これも女性が惹かれるのは後者です。

もちろん、無愛想なだけ、適当なだけではモテません。
女性は「普段と違う意外なギャップ」に弱い生き物なのです。

ギャップが無くて優しい、面倒見の良い人は惹かれるポイントがないので、
「嫌いじゃないけど好きでもない。
付き合っても損はなさそうだけど、得もない。
だから積極的に仲良くするつもりもないし、興味も持てない。」
という評価を受けてしまうのです。

「いい人」卒業は行動から

ではどうしたら「いい人」から抜け出せるのでしょうか。
このカテゴリに属する人たちの特徴は「傷ついたり、悪者にされることが怖い」ということです。
男女関係なく、周りの人間すべてと円満な人間関係を築こうとします。
そのため、誰からも「いい人」と言われてしまうのです。

友人に歌の上手い人が居たとして、周りにその彼を褒めて周っていませんか?
そのときに例えば、自分は歌は苦手だけど、絵は得意なんだ!と付け加えてみましょう。
自分は絵も書けないって?猫の絵くらいは書けるでしょう。何も漫画家と比べる必要はありません。
謙虚になりすぎて卑屈になることも、「いい人」の典型的な例です。

たまには普段見せていない素の自分を見せてみることで、周りの見る目は変えられます。
やり過ぎて嫌われたって、それも経験です。
万人から好かれる人はいません。嫌われてこそ、好かれるものです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ