こんな女性に要注意 ケンカ編

ケンカはささいなきっかけで起こるもの。
まったくないのもおかしいですが、
付き合い始めたら、
早めに経験しておいたほうがよいことも。
感情が高ぶるときですから、
普段は隠していたり装っていたりする、
本性が出やすいですね。

そして、ケンカをしたとき、
こんな態度をとるような女性は
ちょっと危険です。

1 開き直る

素直に非を認めず、逆ギレしたり
開き直ってふてくされる女性。
「わたしが悪かったわよ、だから何!?」
「謝ればいいんでしょ、謝れば」
言葉での説得や諫めをなかなか聞き入れてくれません。
そのくせ、「相手に嫌な思いをさせられた」というのは
執拗に覚えていたりします。

2 目をじっと合わせる

女は目を見て嘘をつく、とはよく言ったもの。
「これが嘘をついている目かしら?」
「こっちの目を見て話してよ」
なんて言い出す女性も要注意。
嘘を見破られない自信もあるのでしょう。
じっと相手を注視して、あなたの
感情の動きを見逃さないようにしているのです。

3 質問に質問で返す

「ねえ、あの日は、どこに行ってたの?」
「そんなこと聞いてどうするの?」
都合の悪いことには答えず、
論点をずらしてくるタイプです。
そのうちに、なぜか過去の男性の非を引っ張り出してきて、
いつの間にか責める立場が逆転していたりします。
「だから言ったでしょ、ああでこうでそうなの!
 これで分かった? 分かったよね?
 じゃあこの話はこれでおしまい!」
こんなふうに矢継ぎ早に言葉を重ねて、
反論を許さないまま煙に巻こうとする時もあります。

4 あえて冷静に発言する

普通なら取り乱したり、泣いたり怒ったり、
あるいは激高したりするようなときに、
あえて「わたしは冷静なのよ」とした態度をとる女性。
自分の精神的優位を崩すつもりがありませんし、
可愛いげもありません。
こんな女性は、相手を軽んじている場合が多いです。

ケンカをしたときには、
素直に謝れる女性がいちばんです。
きちんと「ごめんなさい」が言えない相手には、
要注意ですよ。

@uta_ko

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ