ネットのナンパ場所を考える

リアルでもネットでも、ナンパの方法よりも重要なものが、ナンパをする場所です。
ネットナンパ経験者の方を対象に、どのようなサイトが出会いを見つけるのに適していると思うか、聞き取り調査をしたレポートがありました。
簡単にまとめてみたいと思います。

調査の1番人気だったのは、調査者もびっくりの「出会い系サイト」でした。
私もびっくりです。
登録女性の半分以上はサクラである、なんて言う人も居るくらいですから、成功率は期待できないものと思っていました。
登録するサイトの吟味さえきちんとすれば、有料なだけあってきちんと相手が見つかるもののようです。

2番目に人気だったのは、コミュニティシステムが発達してるSNSサイトです。
海外発のSNSサービスの人気により利用者数が減少傾向にあるSNSなのですが、流行ものに流されずに残っているコアなユーザーが狙い目らしいのです。
登録コミュニティを見ることで相手の興味や趣味が分かることや、友達の友達までもチェックできる点などが、出会いを作るのに最適です。
匿名性も人気SNSに比べ高いですが、ある程度の信憑性も感じられるところが女性側の利用しやすさにも繋がっています。

3番は先の話にも登場した、海外発のSNSサービスです。
こちらは基本実名登録と顔出しが義務のはずでしたが、日本人ユーザーは実は、顔を出さないユーザーもかなり多くいます。
こちらのサービスの一番の強みは利用者数がダントツに多いこと。
純粋に人との繋がりを求めている人と、出会える人を求めている人を見分けるスキルを身につければ、かなりの選り取り見取り状態です。

ランク外のサービスはゲームサービスが充実しているSNSサイトでした。
このようなサイトはいくつかの種類がありますが、利用者にはゲームのみを目的としたユーザーが多いようで、なかなか出会いには結びつかないとのことでした。
しかし共にゲームを楽しむことで心の距離を縮めたりすることも可能なので、そういったアプローチが得意な方は便利に利用しているようです。

ひとそれぞれ得意、不得意なアプローチがあると思いますので、参考にしつつ自分に合うサービスを見つけてみてください。

byりうな

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ