[1円書籍!!]恋に溺れて女になる

実に意味深なタイトルですが、
中身は恋愛に対する哲学をしっかり語っている実用書です。
恋愛は惚れた方が負けのような感じが一般的かもしれませんよね?
その辺も含め、本書ではピアフ、ココシャネルや与謝野晶子まで
豊富な人生経験を積み、豊富な恋愛をしてきた
先人達の言葉を例に解説して行きます。
相手への依存やいずれ訪れるであろう倦怠期。
恋愛にはさまざまな悩みがありますが、
実りのある恋愛を成し遂げるために本書が役に立つことがきっとあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ