これだけはやってはいけない失恋対策

失恋経験がある方はたくさんいると思います。
失恋ってほんと辛いですよね。。。

今回は失恋から立ち直れず、その気持ちを振り払おうとした男性のダメな行動「これだけはやってはいけない」を5項目に分けます。

では早速、

「元カノの悪口を吐きまくる」
 
破局数日後、友人と失恋の話している時です。最初はただ「悲しかった」「自分が悪いのかな」など、悲しみや後悔が中心のはずです。しかし、その次にくる感情は「怒り」です。その怒りが次々と膨らんで、結果的に元カノの悪いところを挙げ連ねて「あんな女全然ダメだった」みたいに、聞いて入られない展開になるのが一番やってはいけません。

「失恋会の開催」

5位のように愚痴を言って、特に何も解決もしておらず改善案もないけど、「なんか色々話せて良かったのかな」 「文句言えるだけ言えて良かった」
そんな事は置いときましょう。
どうしたらより魅力的で紳士な男性になれるかを考え、大人になるかを考えましょう。

どうですか?要するに過去人のグチを吐けば吐く程、あなたのキズは深くなる一方です。

「ネットで今の元カノを知ろうとする」

今は直接会わなくても、FaceBookなどを通してお互いの行動がある程度わかってしまいます。しかし、気持ちの整理を付けるためには絶対にやってはいけません。失恋後に限らずですが、恋愛相手とSNSなどのウェブ上で繋がる必要は全くありません。
 気持ちの整理というものは部屋の片付けと似ています。部屋の片付けをしている最中に、昔の雑誌やアルバムを見つけるたび開いてしまったら、いつまでも散らかったままですよね。散らかった中で過去のキレイな思い出を見たら、「あーあ、やっぱりあの頃はよかったな」など思ってしまいます。
 だからまずは部屋全体を片付けることが大切です。キレイさっぱりに片付いた部屋でアルバムを開きましょう。過去を過去として、今の自分とは単なる「思い出」として懐かしく思えますよ。
 むしろ全て捨ててしまい、気持を切り替えるというのも作戦の内です。
また、更にもう一つあります。

「急にメールを送る」

 気楽さからや何かキッカケになるかもとちょっとした期待から…つい連絡をとりやすい元カノにメールを送ることです。仕事でミスをしてしまった時や、夏の花火大会やお祭りシーズン、バレンタインやクリスマス、夏期休暇や冬期休暇など各種イベント時に彼女がいれば心が癒されるのに、楽しいのになど、そう思った時がつい連絡をとりやすくなりがちのときです。しかし、相手は自分に良い思い出ばかりとは限りません、元カノとの連絡をとる時期は、1年以上の期間を設ける必要があります。

「思い出を無理やり捨てる」

「別れたら付き合っていた時の思い出を何かも全部捨てて、その人を綺麗さっぱり忘れ去りってしまおう」
 確かに気持ちの整理を付ける事は出来ます。しかし、いくら物を捨てところで、過去の思い出は思い出、記憶は記憶、人税はリセットできません。 
 あなたの歴史になかったことになんて出来ません。
 大切な事は過去の自分や恋愛をちゃんと認めて、前に進もうと思う気持ちです。そのためには、元カノの大事な思い出を無理に捨てなくても良いのです。人生の汚点であったなんて思って捨ててしまうと、返ってあなたの心にキズが残ります。
 しかし、常に見えるところにある必要はありません。
段ボールにでもまとめてしまい、押入れや倉庫など…目に見えないところにしまいましょう。
 もしあなたが結婚する時は、素敵な思い出として懐かしく見返せる時が必ずきます。または良き反省点として。
 

どうでしょうか?気をつけましょう。

@SUDOU

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ