元カノへの禁句

「きみがやっぱり大好きだった」
 過去にいろんな人と交際してきたけど、本気になれたのは唯一のあの子だけ、そう思い続ける人がいます。しかし、それは今の生活に満足していないからそう思うだけです。
過去は過去です。諦めましょう。今の感情だけを軸に言葉にすると大変な事になります。 焦らず、本当に彼女を愛していたか、本当に大切にしていたか考えて問いかけるのが大切です。あとは当時の自分の気持ちを良く思い返しましょう。自分だけの大切なモノと思って離れていった後の方が寂しくて悔しくて、その気持ちが強くなって「より」を戻したいと思っているのではありませんか。突然いなくなるとこれまでの思い出だったりその人の存在が急に大切に思うようになったりと、仕方がないと言えば仕方がないですが…

「次は絶対大丈夫」

 未練タラタラ感満載です。そして、「次は」というキーワードは、女性にとってもう聞き飽きたと思われるでしょう。もし振られた場合、別れ話になった場合は、堂々とその悲しみを受け止め「わかった。全然大丈夫。」その一言であとはもう何も言いません、言ってはいけません。

「最後は結婚してあげるから」
 20代のように若々しい恋をしていた当時の相手が懐かしいですよね。お互いのことをよくわかっていて、理解もしているつもりです。結婚には丁度良いのかもしれないと妥協の気持ちから出ている、また、必死さからも。
「相手いないし婚活とかも興味ないし…アラフォーに独身だったら結婚」
そういう投げやりな思いと照れ隠しな思いは危険ですよ。「最後は俺がいるから大丈夫」と言ってしまっているのと同然です。そこまで自分の価値を下げる必要ありません。そして、そこまで焦る必要などは全くありません。あなたは他にも魅力的な女性がたくさんいます。しかし実際は結構焦りますよね。地元の友人はもう2児のパパだったり…
 しかし、そんな結婚してやるよなんて言われた元カレと会いたいなんて思う女性がどこにいますか。決して、
 「いつでも俺のとこ来て良いんだぜ」
なんて言葉は発してはいけません。

@SUDOU

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ