不完全燃焼。

情熱的な恋愛をしたわけではない、相手から一方的に迫られたから、といった不完全燃焼系の恋愛をしている人は沢山いるようです。

私も、そのうちの一人です。

でも、他のカップルや夫婦を見ていても仲が悪いわけではないので、傍目から見て良い組み合わせ、幸せそうに見えると見た目ではそんな人、私以外に存在するのだろうか。なんて、疑いたくなります。

私の場合は、フィーリングの一致、価値観の類似性が功を奏しているようです。

会話のテンポがあう、無言状態でも居心地が悪くならない、同じ趣味がある、自然なコミュニケーションがとれるなどなど。

そういえば、彼には出会った頃から始めて会った気がしない人だなとの印象受けていました。

なんだか、隣にいるのが当たり前のような、それが自然のような気がしたのです。

彼も、同じ印象を受けたようです。

ただ、男性は恋愛初期にヒートアップする体質らしいので、彼はそれなりに感情的だったのに対して、私の方はたいした盛り上がりの無いまま結婚を迎えてしまいました。

あまりにも落ち着きがありすぎて、これからうまくやっていけるのか今でも不安になることがあります。

ですが、やはり楽しい時は倍楽しかったり、気持ちの持ちようが違い何かに落ち込むようなこともなくなったり、趣味に思い切り走ったり…平凡な日常と少しの刺激があって幸せを感じていることは間違いないのです。

彼が好きかと聞かれると、好きだから結婚したんだろうな・・・なんて曖昧な返事になってしまいますが、そういう恋愛もあるということなのでしょう。

最近はやっているらしい、合コンならぬ趣味コンは、他の合コンに比べて成立率、成婚率が高いそうです。

そのくらい、共通の趣味を持っていることは男女の間に強い絆を作ってくれるようで、こちらの方も効果を発揮してくれているのだろうなと思っています。

仲間意識が芽生えると好意を持ちやすく、惹かれやすいそうです。

恋愛不完全燃焼でもうまくいっているカップルや夫婦は、条件が揃っていてうまく行き過ぎたということなのでしょうか。

自分の納得できる理由をつけて、今の状況を楽しむべきなのかもしれません。

同じく悩んでいた人が、少しでも心が軽くなれば良いなと思います。

by coco

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ