結婚のチャンス。

女性が早く結婚したいのに対して、男性が余り乗り気じゃないといった、結婚に対しての意識の差は性別によってかなり違います。

年々子供を作る能力が減っていく女性に対して、自由主義な男性は焦りがありません。

独身の男性が、結婚している男性を見て、ああいうのを見ていると結婚したくないという声を耳にします。

また、結婚している男性も、独身の男性を見て羨ましいなど、結婚していても自由の憧れを捨てきれずにいます。

最近は主夫という言葉が流行っていますが、これは稀なケースなのであまりあてにしない方が良いと思います。

結婚願望の無い彼を意識させるなら、タイミングが重要です。仕事が忙しくて余裕の無い彼に、いくら結婚したいと言ったところで、決断することはまずないでしょう。

仕事が一旦区切りのついたころや、何かプロジェクト的なものが成功を収めたなど、心に余裕ができた頃合を見計らってアプローチしてみましょう。

もしくは、昇進や転勤のような大きな出来事があれば、その時が狙い目です。

良いことがあって気持ちが高ぶっている時、遠距離になりなかなか会うことができなくなる不安といった、大きな心の動きがあるタイミングをしっかりつかみましょう。

でなければ、こういった気持ちは一時的なものなので、時間が経つとあまり効果を発揮してくれなくなります。

チャンスをものにするためには、気を抜いていては手に入らないのです。

また、こういう機会を狙いながら、普段の会話から結婚というキーワードを植えつけておけば、もしかしたら相手の方から行動を起こしてくれるかもしれません。

この教会素敵、この指輪してみたい、こんな子供ほしいなど、間接的に相手の頭に過ぎらせることで、未来のことを考えさせてみましょう。

この時、会話が弾まなかったからといって、あまりしつこくしてしまうと結婚は嫌な思いをするものだと思ってしまうので、さらっと流す程度で十分です。

これは、数をこなした方が効果的です。

結婚は急いでするものではありませんので、気持ちに余裕があるならば時間をかけることをお勧めします。

by coco

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ