女性に告白をするときは、余裕を持て!

自分の好きな女性に告白する時、相手の事が好きだ!という気持ちが盛り上がり、「俺の彼女になってください!」などと単刀直入に言ってしまいたい気持ちもわかりますが、ちょっと待って下さい。

現代の女性は、比較的「真面目で一直線な真剣交際」というイメージを好まない傾向にあります。ちょっと一晩一緒にいたからと言って、恋人呼ばわりされたり、俺はお前の彼女という言われ方をすることを嫌います。特に若い女性達は、「恋愛は自由にしたい!」と自分の好きなようにのびのび振舞っていたいと思っている人が多いのです。

その中で、突然、「俺の彼女になってください!」と真面目に言われたら、「それでは恋愛の自由が無くなる」と敬遠する女性が多いのです。
言い換えれば、最近の女性には、重い告白を嫌い、軽いノリのほうが取っつきやすいのです。

例えば

「ちょっと君の事が好きになっちゃったみたいで、どうしよう?」とか、

「一日俺の彼女やってみない?結構気にいると思うよ。なんなら気に入れば本当に彼女になっちゃえばいいんだし」

のような雰囲気で、軽く、しかし、相手への思いはしっかりと伝えるのが、自由を好む女性たちには効果的です。

また、彼女の言葉も、真に受けてはいけません。例えば、あなたの軽い告白に対して
「いやだー」と言われた場合、あなたは彼女の答えは「NO」だと思いますか?
女性の「いやだ」という言葉こそ、意味の広い言葉はありません。

まずはあなたが彼女に告白した時の、彼女の返事の声のトーンを必ず良く聞いていてください。
同じ「いやだー」の中にも、本当に嫌悪感あふれる拒絶の「嫌だ!」と、嬉しいのに照れ隠しの「いやだ~!(そんなこと言って本気にしちゃうよ!)」とでは、同じ「いやだー」でも全く逆の意味になる訳です。
もちろん相手の声が、真剣に嫌がっている場合には、声のトーンは低いですし、照れ隠しの場合には、確実に嬉しさからトーンは高くなるはずです。

特に若い女性が相手の場合には、自分の気持ちばかりを思い切り彼女にぶつけるのではなく、余裕を持って、さらっとスマートに告白したほうがより成功率が高くなるはずです。

By yumechan

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ