あぁ。男の人って、やっぱり男なんです。。

ある時、密かに好意を寄せていた男性がいました。

 

硬派という言い方は古いかもしれませんが、

男友達といるのが一番で、あまり恋愛には興味のなさそうな人でした。

 

でもっ。 ある日、聞いてしまったのです。

その男性が、男友達と、

 

「さっきの風で、あの女子高生のスカートあがったじゃん。見た?」

と、言っているところを。。。

 

あぁ。男の人って、やっぱり男なんですね。

と、思った経験から私のゴリ押しする恋愛テクは

「スキンシップ」です。

 

触られて、ドキッとしない男子はいないっ!!

 

だって、硬派なあの人も結局。。だったんですよ。

と、いう事でデートでのスキンシップの取り方伝授します。

 

 

その一。ゴミを取ったフリ。

 

ゴミを取ってあげる振りをすることで、

簡単に彼の体に触る口実ができます。

 

例えば、彼の肩にゴミがついていなくても、

「ゴミがついてるよ。」とゴミを取るフリをして、

そっと肩に触れば、違和感がありません。

 

また、パンパンっと払ってあげる方が、 触れる面積や距離感も近いのでお勧めです。

スキンシップだけでなく、気の付く子というポイントもアップします。

 

 

その一。二の腕をさわる.

 

男性の二の腕って素敵ですよね。

フェロモンを感じる場所です。

 

もちろん、当の本人だって、敏感な場所。

腕を組まれた時の男性の二の腕の感覚は、フル回転しています。

 

例えば、「ねえ、あれ見て!」と言う時なんかに、

ポンポンっと軽く二の腕を触るようにすれば、

わざとらしさもなくスキンシップをとることができます。

 

二の腕は、あえて触らずに服の袖を引っ張るのもお勧めですね。

 

 

その一。 カウンター席を利用する.

 

カフェなどでお茶をするときは、

ぜひ カウンター席を選んで座って下さい。

 

並んで座ることになるので、 バッグの中から

ハンカチやお財布などを取り出すときに、 彼に肘や肩が当たりやすくなります。

 

肘や肩が触れるだけでも、 かなりの効果が期待できます。

それだけ、「スキンシップ」は効果絶大なのですっ!

 

どうでしょう。実行できそうですか?

だまされたつもりで、少し実践してみて下さいね~。

 

あなたの好きな紳士的な男性も、しょせん「男」です。。

 

by right014

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ