いまや、アラサー、アラフォーこそが、結婚適齢期!

学生時代から一緒に遊んでいた周囲の仲間が一人二人と結婚しているのに、自分はまだ独身でこれといった出会いもない。
親や親戚からは、「いつになったら結婚するの?」と急かされているアラサー、アラフォーの女性も多いのではないでしょうか?

確かに昔は、女性の価値は「クリスマスケーキ」と例えられていたこともあります。

これは、12月25日までは普通に売られるクリスマスケーキも、12月26日からは一気に値打ちがなくなり半値で売られる、という意味と、女性の価値は25歳まで、26歳を過ぎたら価値は一気に下がる、という意味がかけられたものです。

しかし、今は時代が違います。

アラサー、アラフォーになってもまだまだ仕事をバリバリこなし、30代後半に結婚をして、出産、という女性は沢山います。
また、女性が社会進出をしたことで、30代-40代の働く女性は、皆輝いていて、昔の「おばさん」というイメージとは全く違います。

中には見た目の若さに、歳を聞いてびっくり!というアラサー、アラフォーの女性も沢山いるのではないでしょうか?

夫一人が外で働き、妻は専業主婦が主流だった時代は終わり、いまは共働きで家系を支える家族が増えています。
この時代だからこそ、アラサー、アラフォーで結婚をする女性は強いのです。

彼女たちは、母になる前に、しっかりと自分のキャリアの土台を築き上げてるため、たとえ妊娠→出産したとしても、本人の希望があれば社会復帰することが可能です。時代とともに高齢出産も増えています。「幼稚園のママで一人だけ年代が違くて恥ずかしい」などということもそのうち無くなるでしょう。

また、アラサー・アラフォーの女性は、その多くの人生経験から、男性を見る目がしっかりしているのも良いことです。

若い時は、「好きだから一緒にいたい」と、ただただ勢いで結婚してしまう人が多いですが、アラサー、アラフォーともなると、「好きだから一緒にいたい」という気持ちに加え「この人と結婚して、幸せな家庭が作れるだろうか?」ということまでしっかりと考えることが出来ます。

アラサー、アラフォーの女性こそが、現代の理想的な結婚を手に入れる事が出来るのです。

By yumechan

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ