恋に歳の差なんて関係ない?

最近、芸能人でも「年の差婚」というのが聞こえてくるようになって来ましたが、今回は、その「年の差婚」について考えてみたいと思います。

皆さんは、何歳年上、何歳年下、までの相手を結婚相手の対象と考えることができますか?

例えば男性と女性の年齢差を「20歳」としましょう。

男性が32歳の場合、20歳年下の女性と結婚するとなると、相手はまだ12歳です。これではもちろん結婚を考えることはまずないですよね。

では、相手が男性が45歳で、女性が25歳の場合はいかがでしょうか?
「うん!それならいいかも・・」と考える男性も女性も多いのではないでしょうか?

最近の女性は、結婚相手に、「安定した収入・安定した結婚生活」といった現実的な条件を考える人が増えています。
つまり、「恋愛と結婚は別」と考え、「結婚するなら経済的にしっかりしていて、包容力がある人」と思っているのです。

25歳の女性の周囲にいる男性の友達は、社会人になったばかりで経済的にもこれからです。
つまり、25歳の女性にとって、同世代の男性は、結婚相手としてはまだまだ「物足りない」のです。

また45歳男性にとっては、自分が人生の先輩ということもあり、25歳の女性に対しては、とても優しく接することが出来ます。
こちらも女性側からしたら「なんて包容力のある人なんだろう」と魅力を感じます。

そう考えると、なんと25歳の女性にとって、この45歳の男性は、意外にも「理想の結婚相手」ともなりうるわけです。

ではもう少し年齢をあげてみましょう。

男性が53歳、女性が33歳ではいかがでしょうか?
女性も33歳にもなると、周囲の友達の色々な結婚生活の話を聞かされます。

そして、結婚は、「大好きな人と生活をしたいからする」というだけではなく、「現実を一緒に生きていくパートナー」とした方がよい、という結婚生活の現実を周囲の友達から聞かされます。

こうなってくると、「ものすごく好きだから」結婚するというより、「条件が合った人と結婚したい」と思うわけです。

そのためか、最近では「婚活」という言葉や「結婚相談所」が人気が出ているようです。

自分たちが良ければ、年の差婚も、全然「あり」なのです。

by yumechan

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ