キャバクラ嬢を口説く方法(その1)

キャバクラでもてたいと思う人は結構多いんじゃないでしょうか?
彼女たちを口説くというのは難しいようで実は簡単です。

キャバクラ嬢は若い子が多いのですが、働いている理由は皆、お金です。そんな彼女達を口説くのにもお金は必要です。まったく資金をかけずに口説くというのはキャバクラでは無理です。でもちょっとだけの資金でキャバ嬢は口説けます。一番重要なのはNo1は狙わない、新人を狙うべきです。更に、No1に食い込みそうなのもやめた方がいいです。理由はそれだけお客を呼ぶ実力があるということはつまり「百戦錬磨」の可能性が高いということです。俺は自信があるという人はチャレンジすべきです。無理ではありませんから。
では、まずキャバ嬢を大きく3種類に分けます。「1.専業」「2.社会人と兼業」「3.学生と兼業」です。
この3種類でそれぞれ対応方法が違います。まずは「1.専業」でキャバ嬢をしている子を口説く方法です。このパターンは時間とお金が一番かかります。このタイプはまず、何らかのセフレや彼氏などがいる場合が多いです。大体半年以上同じ店で働いている場合はまず間違いなくいます。(例外はあります)彼女達の中でもできるだけ新人の子がベストですがこの場合はなかなか見つかりません。専業の子は居心地が良ければ長くいますが居心地が悪ければすぐに辞めてしまいます。お気に入りの子ができ、専業の子だった場合ですが、「指名」してください。そして電話番号とメアドを交換します。それ以後は最低でも週に1回は遊びに行き彼女以外は指名しないでください。また、アフターで遊んでください。同伴来店よりもアフターのほうがベストです。同伴来店では2人で外食しても最後はお店に行かなければなりませんので、何も期待できません。アフターの場合なら時間は彼女次第になりますし楽しければ長く一緒に入れますし、運とタイミングが良ければ口説けます。メールですが、週に3回くらいはしたほうがいいです。ただ、このタイプは対応するとすぐに同伴を誘ってきます。または来店で指名を依頼してきます。行けるときは対応してあげてください。ポインンとはこちらから必死でアプローチしないことです。余裕をもってあわよくばという気持ちで対応してください。必死になってしまうと思うツボです。無駄なお金を使うだけです。どうせ他のセフレや彼氏などが複数いるんだと(いますので)思って対応すると気分的にも楽です。
 ここで、全てのキャバ嬢へのアプローチとして共通するのは以下の項目です。
1) 身だしなみは綺麗にしておく
2) 自慢話しはあまりしない
3) ガツガツしない
4) 面白い話をする
5) エロい話しを真剣にする
6) こちらが接待しているという気持ちで接する

次回にそれぞれの詳細を紹介します。ご期待ください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気の記事

このページの先頭へ